歳時記の中の和菓子




歳時記の中の和菓子


睦月(1月) むつき。親類知人が互いに往来し、仲睦まじくする月から。

  ◎正月=年賀の和菓子・花びら餅   ◎鏡開き=お汁粉(おしるこ)、善哉(ぜんざい)   ◎初釜=花びらもち
  ◎歌会始め=新年菓・干支菓子・御題菓子   ◎小正月=小豆粥・元宵団子
  ◎成人式=赤飯・紅白饅頭・ぜんざい   ◎二十日正月=二十日団子・赤小豆餅・赤飯

如月(2月) きさらぎ。寒さで着物を更に重ねて着ることから、「着更着(きさらぎ)」。

  ◎節分=福豆・厄除け饅頭 

弥生(3月) やよい。「いよいよ」「ますます」などを意味する弥(いや)+草木が芽吹くことを意味する生(おい)

 ◎桃の節句=菱餅・草餅・落雁・金花糖・雛あられ・桜餅  ◎春の彼岸=牡丹餅(ぼたもち)

卯月(4月) うづき。卯の花(ウツギの花)が咲く季節なので、「卯の花月」。

  ◎入学・入園=赤飯・鳥の子餅・鶴の子餅・祝菓子   ◎花祭り=甘茶・オシャッコゴリ・ヤショマ・ヤシマ
  ◎十三詣=赤飯・紅白饅頭

皐月(5月) さつき。耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」。

  ◎端午の節句=柏餅・粽(ちまき)

水無月(6月) みなづき。陰暦六月は田に水を引く月であることから。「無」は、現代の「の」。

  ◎和菓子の日=嘉祥菓子   ◎夏越の祓い=水無月

文月(7月) ふみづき。短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事に因み、「文披月(ふみひらきづき)」。

  ◎七夕=索餅・麦縄   ◎土用=小豆餡でつつんだ餅・砂糖を塗した餅・土用餅  

葉月(8月) はづき。新暦では九月上旬から十月上旬の秋にあたるため、葉の落ちる月「葉落ち月」。

  ◎お盆=白蒸し・送り団子

長月(9月) ながつき。新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり、夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」。

  ◎重陽の節句=栗・栗飯   ◎仲秋の名月=お月見団子   ◎秋の彼岸=御萩(おはぎ・漉餡、青海苔、黄粉)

神無月(10月) かんなづき。神を祭る月で「神の月」。俗説では10月に全国の神が出雲に集まり諸国に神がいなくなるから

  ◎十三夜=お月見だんご

霜月(11月) しもつき。「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略。

  ◎炉開き=亥の子餅(いのこもち)   ◎七五三=千歳飴  

師走(12月) しわす。師匠の僧が経をあげるために東西を馳せる「師馳す」。年果つ(としはつ)の変化等諸説あり。

  ◎餅つき=お餅



  お問合せ先  村井製菓株式会社  〒670-0022 兵庫県姫路市小利木町1番地   電 話 : 079-293-8421  フリーダイヤル : 0120-39-8421